アルファードが欲しい!乗りたいブログ

アルファードの情報ブログ。トヨタのアルファードが欲しい、乗りたい、今すぐ買っちゃおう!

アルファード30系

アルファード30系はハイブリッド車とガソリン車のどちらを選ぶべき?

投稿日:2018年8月9日 更新日:

アルファードのガソリン車とハイブリッド車はどちらを買うのが良い?

https://www.auto-acp.com/alphard/products/trd/aero/agh30-4.html

リンクPC上



下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上げるのです。

アルファード30系には「ハイブリッド」と「ガソリンエンジン」の2つがラインナップされています。

ガソリンエンジン車を選べばいいのか。

ハイブリッドを選べばいいのか。

ガソリンでも2,500cc・3,500ccのどちらを選ぶべきなのか。

そこで今回は、アルファード30系でどれを選べばいいのかについて、詳しく紹介していこうと思います!

アルファード30系のガソリンエンジン車とハイブリッド車の違い

(引用:http://www.biot.co.jp/blog/upload-images/2018220134013.jpg)

アルファード30系 後期型のガソリンエンジンとハイブリッドでの違いについてですが。

まず、違いとしてはエンジンの違いがあります。

アルファードのエンジンラインナップは・・・

  1. V型6気筒 3500cc エンジン
  2. 直列4気筒 2500cc エンジン
  3. 直列4気筒 2500cc エンジン + ハイブリッド

以上の3つになります。

アルファード30系のエンジン詳細スペック

<V型6気筒 3500ccエンジン>

馬力:301PS/6,600rpm

最大トルク:36.8kgf/4,600 ~ 4,700rpm

 

<直列4気筒 2500cc エンジン>

馬力:182PS/6,000rpm

最大トルク:24.0kgf/4,100rpm

 

<直列4気筒 2500cc エンジン+ハイブリッド>

馬力:152PS/5,700rpm

最大トルク:21.0kgf/4,400 ~ 4,800rpm

ハイブリッドモーター出力

前輪用:143馬力 27.5kgf

後輪用:68馬力 14.2kgf

 

以上のようなスペックになります。

また、ハイブリッド車は全車電気式4輪駆動(E-Four)になりますが、ガソリン車は2WDと4WDを選ぶことが出来ます。

燃料も3,500ccはハイオクで、他はレギュラーです。

使っている変速機もATかCVTかの違いがあります。

そのため、車の重さ(車重)と燃費にも違いが発生します。

※重さに関しては装備するオプションによっても左右されますし、車両重量と車両総重量などの細かい違いがありますが、ここではカタログに記載されている車両重量をお書きします。

<車両重量>

ハイブリッド:2,090kg ~ 2,240kg

ガソリン:1,920kg ~ 2,210kg

上記のように、エンジン、車両重量、2WD・4WD、使用燃料など違いが多く発生してます。

これを踏まえて、もっと踏み込んだ話をしていこうと思います。

具体的にアルファード30系はどっちを選べばいいの?

(引用:https://dressup-navi.net/parts/50902/)

では、具体的にどっちを選べばいいのか、踏み込んだ部分まで書いていこうと思います。

まずは、各排気量での燃費ですが・・・。

3500cc:10.4~10.8km/ℓ

2500cc:11.4~12.8km/ℓ

2500cc ハイブリッド:18.4~19.4km/ℓ

 

さすが、ハイブリッドは燃費がかなりいいですね!

次に燃料タンクの容量ですが・・・。

ガソリン車(2WD):75ℓ

ガソリン車(4WD)+ハイブリッド:65ℓ

そして、一番気になる車両価格の差です!!

ガソリン車(2500cc):3,354,480円~

ガソリン車(3500cc):4,632,000円~

ハイブリッド車:4,363,200円~

ハイブリッドと2500ccガソリンエンジン車の差額が約100万円!?

さぁ、ここから頭が痛くなる計算のお時間です♪

 

ガソリン代の計算

まず、年間で使うガソリンの量を計算します。

2500cc ガソリン車の最安グレード(2WD) 3,354,480円

燃費:12km/ℓと仮定

年間走行距離:10,000kmと仮定

10,000km ÷ 12km/ℓ = 833.3ℓ

ここに、ガソリンの単価をかけます。

※筆者の地域の価格を使います。

833.3ℓ × 151円 = 125,828円

これをハイブリッド、3500ccでも行います。

※走行距離は、年間10,000kmで統一します。

<ハイブリッド>

最安グレード価格:4,363,200円

燃費:18.5km/ℓと仮定

10,000km ÷ 18.5km/ℓ = 540.5ℓ

540.5ℓ × 151円 = 81,615円

 

<3500cc>

最安グレード価格:4,632,000円

燃費:10.5km/ℓと仮定

10,000km ÷ 10.5km/ℓ = 952.3ℓ

952.3ℓ × 163円(ハイオク仕様のためハイオク単価) = 155,224円

 

これで年間の燃料費が出ましたね。

 

車両価格の差をペイするのにかかる年数

もう、ここからは簡単です。

車両価格の差を年間でかかるガソリン代の差額で割り算をすれば、差額分をペイするのにかかる年数が出ます!!

ちなみにハイブリッドだと、「減税」が受けれますので、その金額がグレードによって違うのですが、平均20万円ですので、車両価格の差からこの減税分は差し引きます。

ハイブリッドと2500ccガソリン車との車両価格差が約100万円でここから減税分20万円を差し引くと、差額は80万円

※ハイブリッドの場合「ハイブリッド用蓄電バッテリー」がダメになった場合、20万円程度の交換費用がかかりますが、今回はそれを含みません。

燃料費の差額が・・・。

125,828円 – 81,615円 = 44,213円

車両価格差80万円を燃料費差額で割ると・・・。

80万円 ÷ 44,213円 = 18.0

なんと!!

元を取るのに18年かかります・・・。

年間走行距離を倍にすれば、燃料費の差額も倍になりますので、元をペイする期間も半分になります。

もう答えは出ましたよね。

年間走行距離20,000km以上の方は、ハイブリッドを買うべき!!

それ以下の方は、2500cc!!

3500ccはお金に余裕があって、快適な走行をしたい方向け!!

と、書きたいのですが、そうも行きません。

理由は、次に書きます。

 

アルファード30系の選び方

アルファード30系の選び方について、先程、結論じみた内容を書きました。

が、皆さん。

アルファードの車重を覚えてますか?

そう。

約2,000kg

この車重を、182馬力の2500ccエンジン、152馬力+モーターのハイブリッドで軽快に動かせると思います?

ましてや、満員乗車だと更に重いんですよ??

何が言いたいか、わかりますよね?

そう、3500ccエンジンの301馬力があって軽快に動くレベルの重さをアルファードは持っているんです。

燃料費との差額にくらまされてはいけません。

車は自分のニーズ、使い方、生活に必要な物だと考えて選ぶべきだと筆者は思っています。

よく家族と遠出をする家族が、2500ccのアルファードで高速に乗る場合と3500ccのアルファードで高速に乗る際の、加速シーンを思い浮かべてください。

パワーのある3500ccのアルファードはアクセルを多く踏まなくてもグイグイ加速していきます。

2500ccの方はパワーが少ないため、アクセルを全開にしてエンジンを唸らせながら加速していく・・・。

どっちが快適だと思いますか?

言わずとしても、3500ccのアルファードの方が快適に運転できますよね?

2500cc、3500cc、ハイブリッドのどれがいいかはこの記事を見てくれている皆様が、自分のニーズ、生活スタイル、金銭状況などを照らし合わせて選ぶ物になりますので、一概に「このグレード!」とは言えません。

ただ、それが結論になってしまうと記事の意味がなくなってしまいますので、筆者目線で選ぶべきグレードを書きます。

アルファード30系のグレード選び

(引用:http://m-artigiano.com/トヨタ-30系-アルファード・ヴェルファイア-後期型)

あまり遠出はしない方は2500cc

理由は、あまり遠出をしない方が高額なハイブリッド、3500ccグレードを選ぶ理由はないからです。

先程も書きましたが、2500ccとハイブリッド、3500ccグレードとの差額は補助金込みで約80万円以上です。

それをペイできないのに、高い買い物はする理由はないとの判断です。

年間20,000km以上走るという方はハイブリッド

年間走行距離20,000km以上走る方で、約9年で差額をペイできるからです。

しかも、モーターのみでの走行も可能ですので、モーター走行時は静粛性も非常に高くエンジン音に悩まさせず移動が出来ますし、4WDになりますので雪道も安心です。

ただし、9年で走行距離18万キロに達しますので、10万キロで乗り換えてしまうなどの方にはおススメしません。

快適に遠出も街乗りも楽しみたい方は3500cc

3500ccのパワーがあれば、どこへでも快適に移動することが出来ます。

ただ、一番高額なグレードになりますしハイオク仕様ですので、お金に多少の余力がないと維持するのが大変になりますが、3500ccの大パワーでの移動は非常に快適です。

アルファード30系はハイブリッド車・ガソリン車のどっちを選ぶべきなのかのまとめ


いろんな事を書きましたが、筆者が一番言いたいことはこれです。

「車選びは自分のニーズ、生活スタイル、車に求めるものを考えた上で選ぶ。」

これだと思います。

「遠出が多いから、3,500ccがいいけどお金が・・・。」

という方が、無理をして高いグレードを買ってしまうのはナンセンスです。

自分の支払いの能力、本当にその排気量が必要なのか?

などを総合的に考えて、グレードを選びましょう。

そして、車と素敵な生活を送りましょう!!

アルファードが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

「アルファードが欲しいけど、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、アルファード購入の購入を
検討しているけど 悩みが尽きない・・・。

こんな風に悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では70万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを利用することで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的として値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

 


アルファード30系の関連記事

■アルファード30系の関連記事はこちらです。
 ⇒ アルファード30系後期型、購入するならば最もおススメのグレードは!?
 ⇒ アルファード30系後期型のメーカーオプションは?ディーラーオプションは?
 ⇒ アルファード30系、後期型のモデリスタの内装、エアロを後付は可能?

 ⇒ アルファード30系はハイブリッド車とガソリン車のどちら?
 ⇒ アルファード30系、後期型自動車税、減税は?サポカー優遇は?
 ⇒ アルファード30系の口コミの最新まとめ。買うならばハイブリッド?
 ⇒ アルファードをキャンピングカーに改造。自作で車中泊仕様!
 ⇒ アルファードの30系の前期型と後期型の違い。外観と価格、安全装備の違い!
 ⇒ アルファードの色・カラーを紹介!おすすめ、定番色は?

 ⇒ アルファード30系に最もマッチングするホイール。おすすめホイール!
 ⇒ 30系アルファードのホイールサイズ。ホイール交換のメリット、デメリット!

 ⇒ アルファードの30系、エアロパーツの人気メーカーは?純正が良い?
 ⇒ アルファードの30系、人気のカスタム例。カッコよく乗る!
 ⇒ アルファードの30系後期型の納期。納車はどのくらい待つ?早める方法?

 ⇒ アルファードの新型はいつ発売?次のモデルチェンジ時期を予想!

リンク関連



最もオススメする記事!!

1

アルファード30系後期型には、どのようなカラーリングが設定されていて、どの色が人気なんでしょうか。 きっと誰でも車を買う ...

次期アルファードのフルモデルチェンジ時期を予想 2

アルファード、とにかく人気ですよね。 新車で購入しようとしても、納期が半年待ちだということらしいです。 人気のアルファー ...

3

2018年1月から販売開始されている新型であるアルファード30系後期型は、大人気です。 残念ながら、新型のアルファード3 ...

-アルファード30系

PVアクセスランキング にほんブログ村

Copyright© アルファードが欲しい!乗りたいブログ , 2019 All Rights Reserved.